ニュージーランドでマオリ生活

ギリホリでニュージーランドに来て、マオリのパートナーに出会い、パートナービザ、永住権を取ったアラサー女子の生活を書いたブログです。ニュージーランドで義母とパートナーと田舎暮らし奮闘中。ワーホリの方に役に立ちそうなことも発信したいと思っています。

ニュージーランドでpermanent resident visa(永住権)を取得。申請時の注意点とかかった期間

ようやく私、ニュージーランドの永住権が取れました。

ワーホリでニュージーランドに来たのが4年4ヶ月前だったので、割りとスムーズにここまで来たかなと思います。

 

そして今回のPR visaの申請は以前してきた中でも一番楽だったので、待ってる期間も割りと気楽でした。

(参考記事↓)

 

manyjet.hatenablog.com

 

manyjet.hatenablog.com

まず、私が保持していたresident visaと今回、取得したpermanent resident visaの違いですが、一番はtravel conditionsがあるかどうかだと思います。

resident visaは2年間しか有効ではなく、その期限が切れても、ニュージーランド国内にいる場合は問題ないのですが、その期限が切れた後に国外に出てしまうと、失効してしまうのです。

それがPR visaだとなくなり、今後自由に国外を行き来することができるようになりました。

そして、今のところニュージーランドの永住権は切れることがないので、国外で長いこと住んだとしても、またニュージーランドに戻ってこれます。

 

その他の違いは、普段の生活では特に気にならなかったです。

 

申請書類

*申請書のINZ1175

*パスポート原本かcertified copy

今回、私はパスポート原本を送らずにJPでサインしてもらったコピーを送りました。

うちはルーラルエリアに住んでいるのですが、パスポート返送時、途中NZ Postに引き渡されるのです。

このNZ Postが信用ありませんで、毎回パスポート等、小さい小包のようなものはポストに入れられておしまいなのです。

もちろん、サイン必要となっているのですが、コロナが始まってサインレスになってから余計におかまいなしって感じです。

なので今回はそういう心配がないよう、何も返送がいらないコピーを送りました。

 

この2つぐらいでしょうか。

警察証明はもし必要であれば連絡すると書かれてあったので基本必要ないようです。

 

 

申請時の注意点

Resident Visaを取得してから2年たったらPR Visaを申請できますが、その間しばらくはニュージーランド国内に滞在していないとだめです。

その期間は2年間の間の1年間184日ずつ以上ニュージーランド国内にいないとダメです。

例えば2020/4/1~2021/3/31 200日

   2021/4/1~2022/3/31 185日     こんな感じであればOKです。

で、この2年の期間なのですが、resident visaが発行された日からではなく、PRを申請した時からです。

ガイドラインには184days or more in each of the 12 months portions of the 24 months immediately preceding this applicationと書かれてあります。

なので、申請書に署名した日付からもしくはimmigrationに届いた日付からとかそんな感じだと思います。

 

なので、resident visaが2020/4/1に取得できたとしても、2022/6/1にPRを申請した方は滞在期間の計算が上の例のように200日、185日ではなくなるかもしれませんのでご注意を。

 

あとは、海外旅行の予定を前もって考えて申請すること。

と言うのは、以前はresident visaからPR Visaの切り替えは数週間で結果が出ていたようですが、今は本当に時間がかかります。

今の移民局の案内では90%が6ヶ月以内に終わりますとのこと。

申請したタイミングとかでどれぐらい時間がかかるかわからないのです。

 

なので、申請している最中に日本に一時帰国や海外に旅行に行きたい時、このままだと国外に出れないのです。

ですが、そんな時に便利なのがvariation of travel conditionsの申請です。

Resident Visaの2年間というtravel conditionsを延長することができます。

なので、これで国外に出ることができるようになります。

しかも、PR Visaとこのvariation of travel conditionsの申請用紙は一緒なので、同時に申請できます。

この延長の申請は数週間で問題がなければ、approveされるようなので、海外に出る予定の方はこちらも同時に申請した方がいいです。

 

私は、日本帰国の予定は未定だったので、このtravel conditionsの延長は申請しませんでした。

 

承認までにかかった期間

私はちびマオリの誕生日3/12に郵送して、4/5にあなたの申請書受け取ったので、プロセス始めますとメールが来て、6/26にe-visaがメールできました。

3/12に郵送して、翌日ぐらいには移民局に着いたのはトラッキングで確認していたので、その後、数週間順番待ちでようやく私の申請書が確認されたのが4/5ってことでしょうね。

 

そして、visaは6/14から始まっているので、承認されてから私にメールされるまでも少し時間がかかったようです。

特に急いでいなかったので問題はなかったです。

なので、郵送してからは約3ヶ月で承認されました。

今の移民局の混み具合からすると、こんなもんかなと思います。

移民局の案内にも50%は75日以内に終わるって書かれていたので、記載通りの期間です。

 

私はパスポートをcertified copyを送ったので、その分遅くなったとかあるのかな?

何となく、原本を送ったほうがスムーズな気もしますが、実際のところはわかりません。

 

 

まぁ、そんなこんなで今まで数年に一回やってきたvisa申請からようやく逃れることができました。

ちょうどニュースでこれからまたビザの申請代金が恐ろしく値上げすると見たので、このPRは日本パスポート保持者は無料ですが、他のビザを申請する方は値上げまでに急ぎたいとこですね。

 

ニュージーランドで休日診療にかかる

昨日、大失敗をしてしまったのです。

私の不注意でちびマオリに怪我をさせてしまったのです。

 

昨日、洗濯物を外に干してあったのですが、急に雨が降ってきたので急いで裏庭に出て洗濯物を取り込み中に入ろうとしたところ、ドアの網戸にちびマオリが立って捕まっていたのです。

開けて指挟まってないなと思って締めたら、扉のラッチ部分の反対のところ、ドアの内側に指が置いてあったようで、気づかず閉めてしまったのです!

外が大雨だったので、私も早く中に入りたくてラッチ側の方は確認したのですが、ちびマオリの反対の手は確認してなかったのです。

特に鈍い感触もなく閉めれて、締めた2秒後ぐらいにワーンとちびマオリが大泣きしだしました。

いる場所からして、あ、指を挟んでしまったんだ!と思い、すぐに扉を開いて指を抜きましたが、泣き続けるちびマオリ

 

ちょうど、マオリ君も休みで見に来ると、え、もしかして折れてるかも!と言い出し、私もパニック。

指を見てみると、深く指がへこんでしまっていて、血は出ていませんでしたが、とても痛そう。

泣いているので抱っこでゆらゆらあやしてたら、泣き止んで、指を動かし始めたので、骨折とかではなさそう。

でも、真っ赤に腫れ上がってしまったので、病院に連れていくことに。

 

とはいえ、その日は日曜日でGPはやっていません。

なので、ホスピタル(総合病院)でやっている休日診療に行くことに。

 

うちのような田舎ですと、ホスピタルもそんなに多くあるわけではなく、一番近いホスピタルはカワカワで40キロ先なのです。

そして車の中で私は保冷剤でちびマオリの指を冷やし続け、病院についた頃には結構腫れもひいていました。

 

病院のエントランスのところで、全員RATテストを受けます。

そして3人とも大丈夫だったようで、中に。

受けつけのところで、赤ちゃんが指をドアに挟んだと言ったら、待合室に案内されて、10分も待たずお医者さんに会えました。

やはりドクターも指が動いているし、ちびマオリ本人がもう痛みも忘れて元気にしてることから、特に心配はないだろうとのこと。

一応、明日以降悪化した場合に、レントゲンの紹介状と、シロップの痛み止めももらいました。

 

 

休日診療の費用

公立病院でやっている診察ですが、この休日診療(after hours GP)は無料診察ではありません。

ですがニュージーランドでは13歳以下は病院代、薬代は基本無料ですので、昨日は診察代はかかりませんでした。

 

大人の場合ですと、私が昨日行ったBay of Islands Hospitalではenrollしている人は40ドル、一般は60ドル、海外からの方が120ドルと書いてありました。

 

予約必要とホームページに書いてはありましたが、昨日は特に事前に連絡していなかったのですが診てくれました。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

そして1日経って今日指を見てみると、腫れもおさまって治っていました。

ドアが網戸のドアで軽いものだったのが幸いでした。

 

昨日は本当にちびマオリに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

普段、自分で言うのもあれですが、ニュージーランド基準だと割りと過保護にちびマオリを育ててますが、それなのに私が怪我させてしまうなんて!

今後もっと気をつけますが、もしもっと酷いことが起きてしまったらどうしようとすごく自信がなくなってしまいました。

 

そしてやはり、田舎だと救急の時も病院が遠くて不便ですね。

オークランドや都市部等だと、ホワイトクロスだったり、もっとやっているところがああると思うので、いざの時に慌てないように事前に場所と値段を調べておくといいですね。

 

 

ニュージーランドの産後ケア、プランケット(Plunket)がとても親切

ニュージーランドでは出産後しばらくはまだ専属の助産師さんが一週間に一度程(私の場合は)家に訪問してくれ、産後の母体と赤ちゃんの様子を診てくれるのですが、それも産後6週までです。

(関連記事↓)

 

manyjet.hatenablog.com

6週間以降はプランケットという5歳未満の子供の成長、発達を診てくれる団体に切り替わります。

プランケットがニュージーランドでは有名ですが、地域によってはTamariki Oraというマオリプロバイダーも選べます。

Tamariki Oraも行っているサービスは大体同じだと思いますが、利用したことないのでそこまで詳しくはありません。

 

私も当時、マオリが多い地域に住んでいたので、どちらか選べたのですが聞き馴染みがあるプランケットにしました。


f:id:manyjet:20220526113125j:image

オークランド等都市部ですと、プランケットのクリニックに出向いて検診を受けるようですが、うちのような田舎の方だと訪問してくれます。

訪問の頻度ですが、月齢が低いうちは数週間に一回ですが、成長と共に数ヶ月に1回になります。

今ちびマオリは1歳2ヶ月ですが、半年に1回程度の頻度の訪問で検診を受けています。

ちなみに、検診に来る方は看護師なのですが、マオリがどちらかの両親にいる場合はkaiawhina(マオリ語でアシスタント)がその検診の間に訪問に来て様子を見に来てくれます。

なので、看護師による検診が6ヶ月先でも、その間にkaiawhinaが3ヶ月後とかに見に来てくれます。

なぜ、マオリの家に限るのかというと、マオリの子供のワクチン接種率が他の人種に比べると低かったり、貧困問題があったりと色々と問題を抱える家庭が多いからだそうです。

 

ちなみにうちでは看護師もkaiawhinaも担当制でいつも来るのは同じ方で、連絡先をもらっているので困ったらいつでも連絡できます。

では、プランケットからどういったサービスを受けられるのかです。

 

 

子供の検診と母親の健康チェック

看護師による検診の際には発達と身長と体重を測ってくれます。

過去にちびマオリが乳児だった時、母乳で体重が増えなくて、粉ミルクだと吐いてしまって、結果体重が減ってしまうということがあったのですが、その時は1週間に2回程度訪問して様子を見てくれました。

そしてその場でGPに予約をとってくれたりしてくれました。

 

その他、実は私は産後に軽く鬱っぽくなってしまったのですが、母親のメンタルヘルスを支える団体Family Startを紹介してくれたりしました。

Family StartはSocial Workerが訪問してくれるのですが、特に何か役に立った感じもしなかったので、(というか自分が鬱の実感がなかった)2回ほど会ってやめてしまいました。

なので、何か心配なことがあれば定期訪問以外にも訪問してくれます。

 

経済的援助

これはkaiawhinaの担当で、低所得地域に住む家庭にfood packageを持ってきてくれます。

大きなダンボールの中に冷凍パイ、パン、肉、野菜、トイレットペーパー、小麦粉、砂糖、洗剤、石鹸、シャンプー、缶詰がいくつか、パスタ、パスタソース、お菓子等本当に色々入っています。

ちなみにクリスマスの時はこれを4箱も頂いて、食品棚がいっぱいになりました。

 

その他、子供服やおもちゃ等色々持ってきてくれます。

そういえば、この前来てくれた時はベビーベッドあるけどいる?って聞かれました。

うちはもうあるので断りましたが。

何か必要なものがあったら、いつでも連絡してねーと言ってくれます。

 

居住環境のチェック

家の中の環境がちゃんと赤ちゃん、子供に適しているかチェックしてくれます。

家にちゃんと断熱材が入っているかや、今、私がオファーされて頼んでいる最中なのですが、サーモカーテンと暖炉周りにゲートを設置してくれることになっています。

サーモカーテンはそのうち専門の方が窓のサイズを測りにきてくれるようです。

あと、階段下のゲートも設置してもらえたようですが、もうすでに自分で買ってしまったのでこれは断りました。

看護師による訪問は検診なので、結構すぐいつも終わるのですが、kaiawhinaの訪問はいつも色々と特別親切にしてくれるので1時間ぐらい話してます。

色々な相談

子供に関することなら何でも相談乗ってくれます。

例えば、離乳食のことだったり(そういえば、離乳食も以前たくさん頂きました)、発達だったり。

看護師とkaiawhinaの訪問は数か月に一回ですが、plunket lineという緊急電話があり、こちらは24時間いつでも相談できるので、急な子供の病気等、連絡すると看護師によるアドバイスが頂けます。

 

*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-

私の担当の看護師もkaiawhinaも年が近いということもあり、とても話しやすくて、正直ミッドワイフより色々と相談しやすいのです。

このプランケットはこれまたニュージーランドの素晴らしい育児制度だと思います。

地域によってサービスは若干違うと思いますが、私はこのサービスにとても満足しています。

 

それでは、ニュージーランドの育児制度の紹介でした!

 

ヨーグルトメーカー、EasiYoで食費を節約

ニュージーランドでは年間のインフレ率が5%を超えたとかで色んなものがじわじわと高くなっていってます。

スーパーに行くと、そんなにカートがこんもりしていないのにレジに行くと100ドルとかで、思わずため息が出ます。

 

ちびマオリにかかる食費はほぼ私が出しているので、なるべく節約できたら嬉しいのです。

ちびマオリが大好きな食べ物、バナナ、牛乳、ヨーグルト。

これは毎日食べます。

 

ヨーグルト味付きのものはスーパーで1kg入り4.5ドルとかで安くなっているのですが、甘くないグリークヨーグルトだと6.5ドルとかでなかなか高いのです。

たまに5.5ドルとかで安くなっていても、賞味期限があるのでそんな買いだめできるものでもないですしね。

 

それで今回少しでもヨーグルト代を節約する為にヨーグルトメーカーを使ってみることにしました。

大昔、カスピ海ヨーグルトが流行った時以来のヨーグルト作り。

 

スーパーに行くとEasiYoというメーカーから専用のヨーグルトメーカーとヨーグルトの素が売っていたので、それを選んでみました。

このEasiYoってニュージーランドの会社からのもののようです。

容器は25ドル、ヨーグルトの素はカウントダウンで4.7ドル。


f:id:manyjet:20220524133059j:image


f:id:manyjet:20220524133147j:image

これで1kg作れます。

次回からはこの素だけを毎回変えばいいので、1回につき2ドル弱節約できるのです。

我が家は大体1週間で1kg消費するので、なかなか節約になります。

今回はグリークの無糖のものを買いましたが、イチゴやブルーベリー、マヌカハニー等色んなフレーバーがあります。

ですが値段は同じぐらいなので、普通の市販の味付きの出来上がっているヨーグルトとそんなに値段が変わらないかな?

味はもしかしたら凄く美味しいかもしれませんが。

 

ヨーグルト作りに挑戦!

専用のプラスチック容器に付属の温度計シールを貼ります。


f:id:manyjet:20220524092204j:image

まず容器半分にお水を注ぐのですが、その温度が室温程度(16~20℃)である必要がある為、これを見ながら調整します。

この画像だと冷蔵庫に入っていたので冷え冷えで、うっすらと8に黄色く色がついていますが、常温のお水を注ぐと緑、青に数字のところが色が変わります。

夏場は常温の湯冷ましだと22℃とかになってしまうので、ちょっとだけ冷蔵庫に入れて、今のような冬だと15℃以下になってしまうので少しだけお湯を入れて調整します。

 

そして、その半分入れた容器にヨーグルトの素を注いで、よく振ります。

その後、容器ギリギリまでまた水を注いでまた振ります。

今度はヨーグルトメーカーに半分ぐらい(目印はあります)熱湯を注いで、その中に先程の容器を入れて、8時間~12時間程放置して完成!

 

最初の水温調整だけ注意するぐらいで本当に簡単に作れます。

 

そして完成したのがこちら!


f:id:manyjet:20220524133025j:image

私好みの少し固めでリッチな感じに仕上がりました。

市販のヨーグルト、メーカーによっては少しトロトロしすぎて嫌だったので、嬉しいです。

味も普通にヨーグルトで美味しい!

 

これをweetbixとフルーツと混ぜてちびマオリにあげます。

ちびマオリも喜んで食べました。

 

これからまた野菜の高い冬がやってくるので、こうやって少しでも食費を節約できたらいいなと思っています。

(関連記事↓)

 

manyjet.hatenablog.com

 

 

 

ニュージーランドで銀行口座開設。住所証明はどうする?

やっとニュージーランドも国境が開き出しまして、8月からは今まであった色んな入国規制がなくなります。

ここずっとワーホリの方が来てなかったので、このブログの読者もかなり減ってしまいました(更新頻度が少ないのも理由ですが)。

 

これから、ワーホリの方がどんどんニュージーランドに来ることを予想して、今回はワーホリ生活の最初の一歩、銀行開設について私の体験を書こうかと思います。

続きを読む

ニュージーランドで子宮頸がん検診(smear test)を受けてきた

日本にいた頃は会社の健康診断で30歳以降は毎年子宮頸がん検診を受けていたのですが、ニュージーランドに来てからは全くしていませんでした。

私は子宮頸がんワクチンを受けているので、そこまで凄く心配をしていたわけではないのですが、ワクチンを受けていても完全に予防できるものではないので、受けないとなと思っていたのです。

続きを読む

ちびマオリ一歳になりました!

なるべく頻繁にちびマオリの成長を綴りたいなとは思っているものの、最後に更新したのがこちら↓

 

manyjet.hatenablog.com

あっという間に月日はたち、ちびマオリ一歳になりました!

続きを読む

血糖値を下げるにはウォーキングより食後のスクワットが効果的

妊娠中、妊娠糖尿病と診断された私ですが、出産後も結局そこまで血糖値は下がらず、境界型糖尿病になってしまいました。(関連記事↓)

続きを読む

ニュージーランドの布ナプキンが安いのに快適過ぎる

生後間もなくして母乳とミルクの混合でちびマオリを育ててきましたが、段々と比率がミルクに傾いてきて、生後9ヶ月で卒乳しました!

母乳がもうほとんど出なくなったことと、前歯が生えて歯が当たって痛いので、もうやめようと決心しました!

母乳を飲んでるちびマオリをもう見ることはないと思うととても寂しい気持ちになりますし、いつも母乳を飲みながら寝落ちしてくれたので私としても良い休憩時間になっていたので残念です。

 

そして母乳をやめたらその月からすぐ生理が再開しました。

続きを読む

夏の赤ちゃんのあせもにはワセリンに注意

f:id:manyjet:20210717093312j:plain


生後4ヶ月ぐらいから肌荒れや湿疹を繰り返しているちびマオリ

でも以前に比べたらだいぶ落ち着いてきました。

うちの場合、肌に合った洗剤と保湿剤を探すのに時間がかかり、それを変えてからやっと良くなってきました。

(普段のスキンケアについてはこちらの記事を参照どうぞ↓)

 

manyjet.hatenablog.com

続きを読む

離乳食初期にはライスシリアルが便利

明けましておめでとうございます。

相変わらずブログを更新できない日々が続いていますが、元気でやっております。

 

本当に離乳食が三回になってから忙しくなったなと感じています。

毎日、何を作ろうと夜寝る前に献立を調べたり、特に料理が好きでない私にとっては、なかなか大変なのです。

 

続きを読む

赤ちゃん8ヶ月目の発達

前回の記事はこちら↓

 

manyjet.hatenablog.com

びっくりすることに、約1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。

引っ越しがあったり、ちびマオリの離乳食が3回になったりで、特に家事しかしてないはずなのに気づくと1日終わっているのです。

夜に更新できたらいいんでしょうけど、すぐ眠くなってしまいます。

続きを読む

ニュージーランドで家を借りる

以前こちらの記事で家を探しだしたことを書いたのですが、それから数週間たちました。

 

manyjet.hatenablog.com

無事に家見つかりました!

続きを読む

赤ちゃんの後頭部、首のグリグリとした動くしこりって?

ちびマオリが大体生後2ヶ月ぐらいの時だったと思います。

授乳中に手で頭を支えていたのですが、何か後頭部にコリコリしたものがあるのに気づきました。

続きを読む

赤ちゃん6ヶ月目の発達

過去記事はこちら↓

 

manyjet.hatenablog.com

先日ちびマオリ、7ヶ月になりました!

もう、この子と7ヶ月も一緒にいるのかと思うとビックリです。

今まであっという間でしたね。

新生児の時に眠れなくて辛かったのも、すごく最近のことのように感じます。

 

今回も自身の記録として、ちびマオリの発達を記録したいと思います。

続きを読む