ニュージーランドでマオリ生活

ギリホリでニュージーランドに来て、マオリのパートナーに出会い、パートナービザを取ったアラサー女子の田舎暮らしを書いたブログです。ワーホリの方に役に立ちそうなことも発信したいと思っています。

マオリ家のバレンタインデー

 皆さん、バレンタインデーはどのように過ごしましたか?

日本だと、女性が男性にチョコやプレゼントをあげたり、会社でお世話になっている方々に義理チョコを配ったりする日ですが、海外では一般的に男性が女性に尽くす日です。

薔薇やプレゼントをもらって、素敵なレストランに連れて行ってもらってるブロガーさんの去年のバレンタイン日記を見ていいなーうらやましいなーと思っていました。

 

さて、マオリをパートナーに持つ、うちでのバレンタインデーとは言うと・・・

 

 全くロマンチックではない

 

いや、マオリ全員がではないのですよ。

うちのマオリ君はあまり恋愛経験がないもので、女性にプレゼントとかそういう気のきいたことができません。

そしてイベントごとにも無頓着。

まぁ変にお金使われても気を使うので、それで全然いいのですけど。

 

昨日は二人共仕事が休みだったもので、朝起きるとマオリ

「天気いいから、うにとりに行こう!」

もうすぐ日本に一時帰国するので今シーズン最後になるかなと思い承諾。

関連記事。こちらもご覧ください↓

 

manyjet.hatenablog.com

 

 

一応バレンタインデーということは覚えているようで、海に行く車中

「ロマンティックなうにディナーにしよう」と意味がわからないことを言っていました。

 

いつも通りたっぷりうにを持って帰り、特に普段と変わらない夕飯を食べ、寝る時にHappy Valentineと言いあい、眠りについたのでした。

 

一緒にケーキづくり

まぁ、でも気分だけでもバレンタインを味わおうかなと思っていた私はスーパーでガトーショコラの材料だけ買ってありました。

それを、一緒に今日作りました。

 

マオリ君頑張ってチョコを溶かしたり、卵やバターを混ぜたりしていましたよ。

お菓子作りって計ったり混ぜたりと色々時間かかるけど、二人でやるとあっという間!

あまり誰かとお菓子作りってしたことがなかったけど、今回本当楽ちんでした。

出来上がったのがこちら↓

私がブログ用に写真を撮ろうとしているとマオリ君、可愛くするから待ってと余ったチョコレートで飾り付けしてくれました。

うーん、フルーツもあったらよかったかな。

 

特にサプライズやプレゼントがあったりとそういうことはないですが、一緒にお菓子作りする時間は楽しく、私達らしい質素で素朴なバレンタインデーでした。